エンジニアとして仕事を勝ち取っていくには

フリーランスエンジニアにとって一番の不安要素は、仕事の有無です。フリーランスである以上、決められた仕事はありません。自分で仕事を勝ち取っていかなければ、名ばかりの無収入になる可能性もあります。
そのため、フリーランスのための求人サイトに登録をして、仕事を受注していくことが望ましいでしょう。サイトにはフリーランスエンジニアに仕事を請け負ってもらいたいクライアントが求人を載せているため、その中から仕事を見つけていくことになります。求人サイトによる大きなメリットは、自分の知らない人から仕事をもらえるという点です。自分だけの力でさまざまなところから仕事をもらうというのは、限界があります。ネットを通して多くの人から仕事をもらうことができれば、よりさまざまな窓口が生まれることになるのです。クライアントを通して新しい仕事の人脈ができる可能性もあり、それでさらに仕事が増えていくことになります。
デメリットとしては、クライアントは個別に依頼をしているわけでないということです。会社では取引先との間での仕事の取引が成立しているものをこなしていきますが、こちらはクライアントが登録しているエンジニア全てに依頼をしているということになります。そのため、人気のある仕事は、同じフリーランスと競合してしまう可能性が高いのです。こちらが競合者よりも優れた見積もりを提示していかなければ、そもそも仕事の取引が成立しない可能性もあります。ネットの仲介を利用する場合は、仕事の進める過程をプレゼンする能力も求められるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です